人気ブログランキング |

お知らせ、日々のこと、気ままに綴る...


by unjour2006
"消化に良い" "からだに負担にならない食べ方"がとても大切だと
教えてくださるMikko先生。
アロマ、マクロビ、リフレクソロジー、雑穀料理、ローフード、
アーユルヴェーダ、ヨガ...などなど多彩な経験をされているMikko先生。
だからこそ、わかること。
とても共感できる。

先生の仰る大切な
心の「消化力」、
からだの「消化力」

月に一回のペースで
自然発酵の講座をMAISON UN JOURにて開催していきます。

第一回目は連続講座で
5月27日と6月10日に乳酸発酵の甘酒講座が開かれました。

5月27日の第一回目は甘酒を仕込んで
甘酒の活用その1、いろいろ教えていただきながら
お野菜たっぷりのプレートやそら豆のスープを。
グラノーラはお砂糖ナシでもとっても美味しくて!

b0241386_15155478.jpg


















b0241386_15172793.jpg
















b0241386_15170024.jpg

b0241386_15190221.jpg


















驚いたのはこちらの瓶に入った、
昨年11月に仕込んだという ぶどう。
美味...

ただ詰めただけなのに
カビないし、なぜ?
この小さな世界の中でもしっかり働いてくれている、
瓶の中の世界について、興味津々となりました。

b0241386_15262896.jpg





















第二回目は
一回目で仕込んだ、それぞれの甘酒を持ち寄り、
みんなで試飲してみました。
「味噌のような味がする...」
「ピクルスやサワーのような味...」
「ぬか漬けのような深み...」
などなど、お米は違うけれど
それ以上に冷蔵庫の環境が甘酒に反映されていて!
興味深いです。

第一回目にリクエストしたグラノーラづくりもしてくださり
自宅用にも生地を持ち帰りました。

b0241386_15391254.jpg


















b0241386_15394280.jpg


そして今回も
焼きあがったグラノーラバーや
この、美味しすぎてたまらない甘酒あんバター風のペーストなど
↑(これまたタイミングの時に!!とリクエスト)
嬉しい試食をしながらの
甘酒の活用その2。

b0241386_15362320.jpg

















b0241386_15480082.jpg

Mikko先生の次回の講座は
2019年7月3日(水)10:00より
写真にもある、これまた美味しい
ぬかごと食べちゃう、
というより食べたくなっちゃう「ぬか漬け&浅漬け」講座開催予定です。

また詳細はこちらでお知らせします。
お楽しみに!


# by unjour2006 | 2019-06-13 16:15
先日、武 鈴子先生の薬膳セミナーに参加してきました

b0241386_17360077.jpg














11年前に東京へ望診法指導士養成講座へ通っていた頃
望診の先生から、薬膳ならば武先生!と伺って手にした2冊の本。
五味について、とてもわかりやすく書かれているのですが
最近はページを開くことがなかったので、
セミナーに参加して、そうだった、そうだった、と
望診を学んでいた当初を思い起こさせてもらいました。

昔からある日本人の"食"の素晴らしさ、
それをベースに
季節に応じた、日々、自身のからだが求める「食べもの」を
賢く食していきたいなぁと、改めて思った一日

望診を学ぶきっかけとなったこと、
ハーブやアロマを取り入れる「器」である「からだ」を整える”食”は大切
だということを。

何事も"バランス"を大切に。



# by unjour2006 | 2019-06-12 17:38
季節ごとに開催されるRikiBijoux.さんによる
夏の手縫いのブローチ講座が開催されます。

WORKSHOP
RikiBijoux.季節のブローチづくり

開催日:2019年6月17日(月)
時間:10:30 - 12:30
費用:3,500円 税別 (材料費 + お茶とお菓子付き)
定員:6名
開催場所:MAISON UN JOUR 静岡市葵区茶町1−25ー9

b0241386_15051083.jpg




















なんか物足りないな...
という時にも頼りになるブローチ。

夏素材のお洋服でも重くならずに
ふわりと軽い、コサージュのようなブローチをつくります。
Tシャツ、帽子やワンピースなど、どんな装いでも
気軽にコーディネートしやすいデザイン。

b0241386_15054213.jpg



















初めての方でもお気軽に♪
お好みの布とリボン、糸やビーズを縫いつけて
夏の装いのアクセントになってくれるブローチを
手づくりしてみませんか?



お問い合わせ、ご予約は
RikiBijoux.
メール:rikibijoux@gmail.com




# by unjour2006 | 2019-06-08 15:10
今月20日より「夏のお出掛け展」を開催いたします。

第一弾は2019年6月20日(木)- 6月30日(日)
「アトリエふわり」(洋服)と 「točit」(帽子)

第二弾は2019年7月19日(金)- 7月29日(月)
「gren」(鞄/革小物ワークショップ)

b0241386_16023635.jpg
















また展の詳細は改めてお知らせいたしますが
事前準備が必要なため、
grenさんによるワークショップの予約受付を開始いたします。
ご希望の方は2019年7月7日(日)までにお申し込みをお願いいたします。

**********************************

WORKSHOP
「gren」 革小物づくり

開催日:2019年7月20日(土)&21日(日)
時間:①10:00 〜12:00  ②13:30〜15:30
定員:6名 / 各回
持ち物:エプロン
費用:下記参照
※おひとりさま一回に2点まで製作可能です。

ベルト、レザーケース大小、レザートレイ、キーケース、スマホケースの
全6種類の中からお選びいただきます。
基本的には、刃物を使うこともなく、使用するハンマーもゴム製を使用いたしますので
お子さま(10歳くらいから)でも安心してご参加いただけます。
念のため多少汚れても良い服装とエプロンをご用意ください。

b0241386_16031546.jpg

















b0241386_16034493.jpg

















b0241386_16044229.jpg




























b0241386_16052197.jpg















お選びいただくアイテムにより多少作業内容は変わりますが、
コバ磨き(革の切断面を滑らかにするため、水を付けてヘラで磨く作業)
穴あけ(カシメを打つための穴をあける作業)
カシメ、ホック打ち

の順で仕上げていきます。

アヴォートルサンテ店頭にて完成サンプルと革見本をご覧いただけます。

b0241386_16055634.jpg















ワークショップ参加ご希望の方は7月7日(日)までに
事前に作りたいアイテムと革のお色等をお決めいただき、店頭にてお申し込みください。

●ワークショップ参加費用(税込 / 材料費込み)
・ベルト 5,400円
・レザーケース小 3,240円
・レザーケース大 4,320円
・レザートレイ 3,780円
・キーケース 3,780円
・スマホケース 4,104円
※レザーケース大とスマホケースは、プラス540円にてストラップ仕様にできます。

お問い合わせ、お申し込みは
アヴォートルサンテ
Tel 054-255-6007




# by unjour2006 | 2019-06-07 16:12
ワークショップや講座等開催のレンタルスペースとしてご利用いただけるMAISON UN JOURにて、
料理教室 和食工房はな 主催及び朝日テレビカルチャー和菓子講師
花村志津子先生による、毎月恒例の和菓子作り体験会が開催されます。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

23回目の今回は「新緑」。
(葛餡に抹茶で風味づけ、白あん入り)
プリンカップに3個つくって2個はお土産に、1個は抹茶をいただきながらご試食ください。

b0241386_14303594.png



















日時:2019年6月 14日(金)18:00〜20:00

場所:MAISON UN JOUR 葵区茶町1−25−9

会費:2,000円(税込)材料費、お抹茶代込み
※前日または当日キャンセルはキャンセル料として1,000円(税込)をお願いいたします。

持ち物:エプロン、ハンドタオル、持ち帰り用の袋(お持ち帰り用の容器は用意いたします。)

定員:12名(高校生以上、男女問わず)
保護者同伴の場合は未就学児、小学生でもお気軽にご参加ください。

※会費にプラス500円(税込)で、保護者さまに和菓子のご試食とお抹茶をご用意いたします。



講師:花村志津子

お申し込みは
hana918@umail.plala.or.jp
tel/fax 054−253−0318
※前日または当日のキャンセルの場合は、キャンセル料として1,000円をお願いいたします。

# by unjour2006 | 2019-06-03 14:31
昨日火曜日はSBSラジオ
渡邊ヒロアキさんの『聴くディラン』のコーナー
『知るディラン』にて、ハーブティーについてお話しさせていただきました。

生放送でドキドキでしたが
普段からハーブティーを飲まれている、お茶好きのヒロアキさん。
お話ししていたらあっという間で、時間オーバー!
このような機会をいただき、ありがとうございます。
b0241386_08555322.png





















SBSラジオのみなさま、ありがとうございました☺︎



Un Jourオリジナルハーブティーを数種類、
お取り扱いいただいている
清水区のドリームプラザ内、みのり市場さまへ
今から納品に行ってきます!


# by unjour2006 | 2019-05-22 09:04
茶町にてCAFE BAR ä-café → 鷹匠にてmareをされていたイットクさんによる
『いっとかナイト!!』
MAISON UN JOURにて開催いたします。

ä-café時代にはUn Jourのハーブティーがお世話になっておりました。
カクテルだけでなく、お料理も美味しい〜イットクさんによる『いっとかナイト!!』

おかげさまで、すでに15名満席となってしまいましたが
キャンセル待ち受付中、
21:00からのBAR TIMEはご予約不要!

ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。

b0241386_15250930.png


# by unjour2006 | 2019-05-09 15:34
ワークショップなど開催のレンタルスペースとしてご利用いただける
MAISON UN JOURにて、
COBO Lab.認定 自然発酵研究マスター 髙橋 美妃子先生による講座が開催されます。

****************************************

Mikko先生による
『 乳酸発酵の甘酒講座』

b0241386_14334211.png


















毎日の食卓に上がるご飯、味や食感、お好みがあるかと思います。

みなさまが毎日召し上がっているご飯を軟飯にしてご持参いただき、
自然発酵乳酸菌パウダー、麹を使い、乳酸発酵の甘酒を仕込みます。

乳酸発酵の甘酒は、寒仕込み。
ご自宅の冷蔵庫でゆっくりと育みます。

出来上がりまで10〜14日かかりますので、
2週間後にみなさまが仕込んだ甘酒を持ち寄り、
育てた場所の環境や材料のご飯で生じる味の違いを楽しみましょう。
「飲む」以外の楽しみ方もご提案させていただきたいと思います。

爽やかな甘みと酸味が体に染み渡っていくような味わいの
消化に優しい甘酒です。

開催日時(連続2回講座)
①2019年5月27日(月)10:00 - 12:00
②2019年6月10日(月)10:00 - 12:00

講座代金 4,000円(初回にお支払いください)

持ち物
・1回目に、ご自宅で軟飯を作ってお持ちください。
  <作り方>
  炊いたご飯150g
  水200cc
  小鍋にご飯、水を入れて混ぜ、沸騰したら弱火で10〜15分煮る。
  つぶつぶが残るおかゆ(軟飯)に。
  炊きあがりの様子は以下の写真を参考にしてください。

b0241386_14342971.jpg
























・ボウル(軟飯と材料を混ぜるために使用します
・エプロン
・手拭き
・保冷袋と保冷剤
・筆記用具


講師 COBO Lab.認定
自然発酵研究マスター 髙橋 美妃子
COBO Lab.については http://www.cobo-net.com をご覧ください。

開催場所
MAISON UN JOUR
静岡市葵区茶町1−25−9
お問い合わせ、お申し込みは
メールかお電話でお願いいたします。
TEL 090 8739 3295
calendula.mikko@gmail.com(講師 高橋)



***********************************

私はCOBOに出会い、
身体に染み渡るような優しい美味しさに感動しました。
COBOとは造語です。
ウエダ家オリジナルの方法でビンの中で育てた全部のことをいいます。
ビンの中には旬の素材に付いている野生の乳酸菌、酵母、酢酸菌や
それらの菌が生み出した自然の恵みが含まれています。

COBOを使った食べ物を取り入れていったある日、
自分のセンサーが磨かれていたことに気づきました。
添加物が入った食べ物、味の濃いものや人工甘味料を使ったお菓子を
美味しくいただけなくなり、優しい旨みを感じるものは、
消化に良い食べ物であるということにも気づきました。

今回はCOBOの世界のほんの一端ですが、お話しさせていただきたいと思います。

自然発酵研究マスター 高橋 美妃子

# by unjour2006 | 2019-05-09 15:05